給付金について

追加給付金請求について

追加給付金請求とは?

B型肝炎給付金請求の訴訟で、国と和解し、給付金も受け取った方が、給付金を受けた後に、病状が悪化してしまった場合、その病状に応じた金額を追加で請求できることをいいます。

追加給付金請求の流れと手続き

追加給付金請求の流れは、

  • ご相談
  • 資料集め
  • 社会保険診療報酬支払基金へ申請
  • 追加給付金の決定
  • 追加給付金の受け取り

と大きく5つの段階があります。

すでに集団予防接種による被害者であることが認められ、和解を終えている方が対象のため、改めて裁判は行ないません。

また、資料集めは、すでに和解手続きで行なっているため、追加給付金請求で必要となる資料は、多くありません。追加給付金の受取までの期間も、和解手続きよりも短くて済みます。

請求できる期間は5年

追加給付金を請求できる期間は、病状が悪化したと知った日から5年以内です。5年を超えると追加給付金を受け取ることができなくなりますので、病状が悪化したことが分かったら、すぐに弁護士にご相談ください。

病状に応じた給付金額

進行後の病状に応じて、追加給付金額は変わります。詳しくは下の表をご覧下さい。

・発症後もしくは感染後20年が経過していない場合

和解時の病状 進行後の病状
死亡 肝がん 肝硬変 肝硬変
(軽度)
慢性肝炎
肝硬変(軽度)
(発症後20年が経過していない)
1,100万円 1,100万円 1,100万円 - -
慢性肝炎
(発症後20年が経過していない)
2,350万円 2,350万円 2,350万円 1,250万円 -
無症候性キャリア
(感染後20年が経過していない)
3,000万円 3,000万円 3,000万円 1,900万円 650万円

例えば、感染後20年経過していない無症候性キャリアで600万円給付金を受け取っていた方が、慢性肝炎に病状が進行した場合、追加給付金の金額は650万円(1250万円から600万円を差し引いた額)です。

・発症後もしくは感染後20年が経過している場合

和解時の病状 進行後の病状
死亡 肝がん 肝硬変 肝硬変
(軽度)
慢性肝炎
肝がん
(発症後20年が経過)
3,600万円 - - - -
肝硬変
(発症後20年が経過)
3,600万円 3,600万円 - - -
肝硬変(軽度)
(発症後20年が経過)
3,600万円 3,600万円 3,600万円 - -
慢性肝炎
(発症後20年が経過)
3,600万円 3,600万円 3,600万円 2,500万円 -
無症候性キャリア
(感染後20年が経過)
3,600万円 3,600万円 3,600万円 2,500万円 1,250万円

発症後20年が経過した肝がん、肝硬変、慢性肝炎の方、感染後20年が経過した無症候性キャリアの方の病状が進行した場合、既に支給した給付金は差し引かれずに、追加給付金が支給されます。

追加給付金請求の弁護士費用

ホームワンでは、追加給付金請求の弁護士費用を下記の通り、いただいています。

給付金額の4.4%(税込)

和解手続きを依頼した弁護士事務所と同じでなくてもご依頼を受けることができます。追加給付金請求に関するご相談は無料ですので、法律事務所ホームワンにお気軽にご連絡ください。

ご家族をB型肝炎でなくした遺族への給付
WEB相談申込

給付金について メニュー

何度でも
相談無料
無料相談Web予約24時間受付

B型肝炎給付金請求のご相談は全国対応
お気軽にご相談ください。

弁護士アイコン

選んで答えるだけ!

B型肝炎相談チャット