弁護士紹介

代表弁護士 中原俊明

代表弁護士
中原俊明(なかはらとしあき)
弁護士/東京弁護士会所属

ごあいさつ

弁護士は、依頼人の利益を考えることが第一です。
安心して、問題解決に関係のありそうことは、不利なことでも隠さずにお話しください。
それが結果的にはプラスになります。
法律サービスをもっと身近なものにしていきたい。
ホームワン設立からの思いをもって日々お客様と向き合っています。

経歴

1954年 東京都出身
1978年 中央大学法学部卒業
1987年 弁護士登録(東京弁護士会所属)

ひとこと

体を動かすことが好きなので、休日はスポーツクラブによく行きます。 TVでスポーツ観戦することも好きで、ラグビーの試合をよく観ています。

インタビュー動画

書籍

『会社・経営のリーガル・ナビQ&A 弁護士が指南する設立から上場までの知識』

東京弁護士会春秋会の一員として、2年間にわたり編集に携わる。
編者:東京弁護士会春秋会
出版:民事法研究会
発行:2012年1月10日

『実践 訴訟戦術-弁護士はみんな悩んでいる-』

訴訟戦術の視点から新人・若手・中堅・ベテランが座談会形式で,訴訟における重要ポイントを紹介。実務家に必携となる至便の1冊。
編者:東京弁護士会春秋会
出版:民事法研究会
発行:2014年02月19日

『実践 訴訟戦術【刑事弁護編】-やっぱり弁護士は悩んでいる-』

実践訴訟戦術第2弾。示談交渉,刑事文書作成から裁判員裁判まで,弁護人が刑事事件にどのように取り組むべきかを解説した手引書。前回に続き,座談会形式による会話の流れの中で,事件対応における重要なポイントを紹介。
編者:東京弁護士会春秋会
出版:民事法研究会
発行:2016年02月05日

『実践 訴訟戦術【離婚事件編】-弁護士はここで悩んでいる-』

実践訴訟戦術第3弾。離婚事件の相談を受ける心構えから訴訟戦術まで,座談会形式による詳細解説。離婚事件の特殊性に対応した事件類型別テーマも必見。
編者:東京弁護士会春秋会
出版:民事法研究会
発行:2018年03月04日

弁護士

司法書士