人事・労務 - ハラスメント

ハラスメント 一覧

  • ハラスメントとは

    ハラスメントは英語で、日本語で言うと「嫌がらせ」にあたります。まず米国のセクシャルハラスメントという用語が日本でも紹介され、一般化すると、そこからパワーハラスメント、アカデミックハラスメント等が日本で造語されました。ハラスメントについて、弁護士が詳しく解説しています。

    ハラスメントとは
  • セクシャルハラスメント

    男女雇用機会均等法11条1項は「事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。」としています。セクハラについて、弁護士が詳しく解説しています。

    セクシャルハラスメント
  • パワーハラスメント

    パワハラとは「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」をいいます。パワーハラスメントについて、弁護士が詳しく解説しています。

    パワーハラスメント
  • マタニティハラスメント

    「マタニティハラスメント」は、マタハラとも略称され、働く女性が妊娠・出産を理由として人事で不利益な扱いを受けたり、職場で受ける精神的・肉体的なハラスメントのことをいいます。マタハラについて、弁護士が詳しく解説しています。

    マタニティハラスメント
企業法務について、お気軽にご相談ください。
0120-783-775
予約受付 / 平日9:30~18:30(土日応相談)
メール予約
24時間受付