危機管理 一覧

  • リスクマネジメント

    リスクマネジメントとは、リスクを把握・特定し、当該リスクの発生頻度・影響度を評価し、当該発生頻度と影響度の積を基準に、リスクの種類に応じて対策を講じる、特定→評価→対策という一連のプロセスをいいます。リスクマネジメントについて弁護士が詳しく解説しています。

    リスクマネジメント
  • 内部通報制度

    内部通報制度は、以前は「内部告発」という言葉の方が一般的だったと思います。企業や官公庁で違法な行為や、不正な行為行われていることを、監督官庁やマスメディアに通報することをそう呼んでいました。「公益通報者保護法」が2006年4月に施行されてから、「公益通報」という言葉が使われるようになりました。内部通報制度について弁護士が詳しく解説しています。

    内部通報制度
  • 第三者委員会

    社内不祥事の調査には、調査主体の別により、社内調査、内部調査委員会、外部調査委員会、第三者委員会といった手法があります。ここでは、第三者委員会について弁護士が詳しく解説しています。

    第三者委員会
  • BCP

    BCPとは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。BCPについて弁護士が詳しく解説しています。

    BCP
  • 横領・架空仕入れ

    横領や架空仕入れ等が行われれば、横領された金額、架空計上された金額以上の損害が会社に発生することになるのをご存知でしょうか。それは税金です。横領・架空仕入れについて弁護士が詳しく解説しています。

    横領・架空仕入れ
企業法務について、お気軽にご相談ください。
0120-783-775
予約受付 / 平日9:30~18:30(土日応相談)
メール予約
24時間受付