【企業法務】東芝、株主の求めに応じて旧経営陣を提訴

2015年11月09日
法律事務所ホームワン

ホームワン 企業法務チームです。

東芝は11月7日田中前社長ら旧経営陣5人を提訴しました。
9月に個人株主が現旧役員28名に10億円の損害賠償訴訟を提起するよう求めており、東芝としては60日以内に役員を提訴しなければ、株主から代表訴訟を起こされることになるため(会社法847条)、対応せざるを得なかったものです。ただ、今回会社が提訴したのは5名だけですから、株主から他の役員に対する代表訴訟を起こされる可能性はあります。その場合、会社が起こした訴訟と、株主が起こした代表訴訟が併合されることになります。10億円という金額は、不適切会計の調査費用等、役員の善管注意義務違反と損害との間の因果関係が立証しやすいものに絞られたからと思われます。