B型肝炎給付金の知識

B型肝炎給付金の知識

B型肝炎給付金を請求するにあたって、知っておくべき基礎知識をご説明しています。そもそもB型肝炎とはなにか、B型肝炎訴訟とはなにか、B型肝炎の証拠の一つとなるBCG注射痕跡について、それぞれ網羅的に解説します。

なぜB型肝炎に給付金が請求できるようになったか、訴訟するにあたって必要な資料、B型肝炎の原因となったBCGについて詳しく知りたい方は、各ページをご覧ください。

  • B型肝炎とは?
    B型肝炎ウイルスによって引き起こされる肝炎です。肝炎ウイルスはA型からG型まであります。ウイルスの種類が違うため、治療法も治癒率も違ってきます。日本ではB型ウイルス保有者は150万人とされ、多くは自然治癒しますが、5%は肝疾患となると言われており、その場合、慢性肝炎、肝硬変へと進行することがあります。
  • B型肝炎の治療法について
    主な治療法は、インターフェロンや核酸アナログ製剤を用いた抗ウイルス療法です。ステロイド又はプロパゲルマニウム(商品名はセロシオン)を利用した治療法もありますが、現在ではあまり利用されていないようです。核酸アナログ薬(ラミブジン、アデフォビル、エンテカビル、テノフォビル)はウイルスの成熟を強力に抑えて肝炎をなくす効果があります。
  • ツベルクリンとBCGの違いについて
    BCGは、結核予防のためのワクチンです。2005年以前は、まずツベルクリン注射をし、陽性反応が出るか(結核菌に免疫あり)、陰性反応が出るか(結核菌に免疫なし)を見て、陰性反応であればBCG接種を行っていました。2005年以降は、生後6カ月以内にツベルクリン検査をすることなく、全員にBCG接種をするようになりました。
  • HBs抗原とHBs抗体の違い
    HBs抗原はウイルスの核のことをいい、HBs抗原が血液中に存在するとB型肝炎ウイルスに感染している可能性が高くなります。HBs抗体はこれに対して免疫が出来た抗体のことをいいます。HBs抗体が血液中に存在すると、B型肝炎ウイルスに過去にかかったことがあることが分かります。HBs抗原が陽性の場合は、HBs抗体が陽性出も陰性でも、感染の可能性があるので、精密検査を受けて治療の必要があります。
  • インターフェロンの長所・短所について
    細胞から分泌されるある種のタンパク質をサイトカインといい、その中で、ウイルスが侵入した際に分泌され、ガン細胞の増殖を阻止しようとするのがインターフェロンです。インターフェロンは注射により投与されます。HBVの増殖を抑える力はあまり強くありませんが、うまく行けば投与を終えた後も免疫機能が働き、効果が持続します。ただ、全ての人に効く訳ではなく、効かない場合もありますし、副作用も強く出ます。
  • 核酸アナログ製剤の長所・短所について

    核酸アナログ製剤はウイルスの増殖を直接阻害する薬剤で、日本ではラミブジン(商品名ゼフィックス)、アデホビル(商品名ヘプセラ)、エンテカビル(商品名エンテカビル、バラクルード)、テノホビル(商品名テノゼット、ベムリディ)の4種類が使用されています。

    核酸アナログ製剤はB型肝炎ウイルスの遺伝子型や年齢によらず、ほとんどの症例で抗ウイルス作用をきたし、肝炎を沈静化させます。経口薬なので投与しやすく、副作用も少ないのが長所です。その反面、投与中止により肝炎の再燃率は高く、劇症化の危険性もあることから長期投与が必要であること、長期投与によって薬剤耐性のウイルスが出現することが問題となります。

  • 持続感染、キャリアというのはどういう状態をいう言葉ですか

    成人は免疫機能が確立しているため、B型肝炎ウイルスに感染しても、多くの場合は自然に治癒します。一部の方は 急性肝炎 を発症しますが、一過性の感染を経て治癒します。この場合、ウイルスは体外に排除されます。

    しかし、免疫機能が未熟な乳幼児が感染すると、免疫機能がウイルスを異物と認識できないため肝炎を発症しないことがあり、ウイルスが排除されず、ウイルスを体内に保有した状態< 持続感染 >になります。このように、ウイルスを体内に保有している方を「キャリア」と呼びます。

  • 発症するキャリアと発症しないキャリア

    キャリアの方の約90%は一般的に、無症候期から肝炎期、肝炎沈静期と移行し、その後、無症候性キャリアのまま生涯を経過します。しかし、約10%の方は 慢性肝炎 を発症し、肝硬変、肝細胞がん へと進展する危険性があるとされています。

  • セロコンバージョンと無症候性キャリアの関係
    キャリアの方が肝炎を発症すると、いったんはウイルス量が増加しますが、免疫機能の働きでウイルス量は大幅に減少します。 この時、血液中のHBe抗原が陰性に、HBe抗体が陽性になります。これがセロコンバージョンです。こうして肝炎が沈静化し、無症候性キャリアとなります。ただ、現在の治療では、HBVを大幅に減少はできても、完全に排除することまではできません。そのため無症候キャリアであっても、将来B型肝炎等を発症することはあるのです。
  • 慢性肝炎・肝硬変・肝がんになる可能性について
    全ての急性肝炎が治癒する訳ではなく、慢性肝炎になることもあります。慢性肝炎になっても免疫機能によって肝細胞は死滅しますが、肝細胞は再生能力が旺盛なため再生してきます。しかし、細胞の再生が間に合わないと、肝細胞は線維化し肝臓は硬くなります。この状態が肝硬変です。そして長い年月の炎症により、肝がんを発症します。
  • セロコンバーション後に肝硬変、肝がんになることもある?
    セロコンバージョンが起きた後もウイルスが増殖を続け、肝炎が進行し、肝硬変や肝がんに移行する人もいるため、セロコンバージョン後も、定期的に肝臓の検査を受ける必要があります。
  • 肝硬変を経ずに肝がんになる人も
    B型肝炎場合、無症候性キャリアのまま肝がんを発症することもあります。HBVのDNAの一部が肝細胞のDNAに組み込まれ、がん細胞が発生することが原因と言われています。そのため、キャリアの方は、肝機能検査だけでなく、定期的に肝がんの検診を受ける必要があります。
WEB相談申込

メニュー

B型肝炎給付金請求 メニュー

何度でも
相談無料
無料相談Web予約24時間受付

B型肝炎給付金請求のご相談は全国対応
お気軽にご相談ください。