B型肝炎と給付金

B型肝炎ウイルスの無症候性キャリア

B型肝炎の持続感染者のうち、約85~90%の方は、自覚症状がないほどの軽い肝炎を発症しますが、じきに治まります。症状がなくても、B型肝炎ウイルスを持っている方を「無症候性キャリア」といいます。

ただ、10~15%の方は、慢性肝炎を発症し、その後、肝硬変、肝がんへ進行する場合もあります。そのため、無症候キャリアであっても決して安心できません。医療機関で定期検査を行ない、肝臓の状態を確認する必要があります。

今回の給付金は、検査に関する援助や病状が進行した際の追加給付金を受けることができるので、無症候性キャリアの時点で、B型肝炎給付金訴訟の手続きをとることをおすすめします。

無症候性キャリアの給付金額と援助

無症候性キャリアの方の給付金額は次のとおりです。

  • 感染後20年を経過している方・・・50万円
  • 感染後20年未満の方・・・600万円

給付金の他にも、感染後20年を経過している方は、慢性肝炎等が発症していないかどうか確認するため、検査に関する以下の援助が受けられます。

  • 定期検査は、年4回まで無料
  • 検査手当として、年2回まで15,000円支給

ご家族に感染させないために

無症候の方でも、ご家族に感染させてしまうリスクがあります。ご家族に感染させないためには、ご家族にワクチンを打ってもらうなど適切な予防医療を受けてもらう必要があります。そのため、結婚、出産時の家族対象感染防止医療費用支給の援助が受けられるようになっています。

追加給付金が受けられなくなることも

無症候性キャリアの給付金額を聞いて、相談はしてみたものの手続きが面倒そうだと思って、今は、特に症状がないから、手続きをしない、という方がいらっしゃいます。しかし、無症候で給付金を受け取っておくと、後に慢性肝炎、肝硬変、肝がんを発症した時に、追加給付金を受け取ることができます。

それでは、無症候だから今は請求しないでおいて、発症してから請求すればよいのではと考える方もいるかもしれません。しかし、2022年1月12日までに提訴しなければなりません(2020年4月現在)。

発症までには長い時間がかかる場合があるので、慢性肝炎などが発症した頃にはもう請求できないということも十分ありえます。そのようなことにならないためにも、無症候性キャリアの方は、この手続は、症状が進行したときの保険だと思い、なるべく早くB型肝炎訴訟の手続きをとることをおすすめします。

また、裁判するには、検査や書類収集等に時間がかかります。期限間際では間に合わない可能性もありますので、できるだけ早くご相談ください。

B型肝炎給付金のよくある質問
WEB相談申込

メニュー

B型肝炎を詳しく知る

何度でも
相談無料
無料相談Web予約24時間受付

B型肝炎給付金請求のご相談は全国対応
お気軽にご相談ください。