経営改善計画の策定

経営改善計画の策定

こうした支援の中でも一番重要なのが経営改善計画の策定支援です。平成25年3月末をもって中小企業金融円滑化法が終了し、将来的には救われる企業と救われない企業に選別されることになります。救われる企業に選ばれるためには、金融機関に対して、経営改善計画を提出し、金融機関にリスケジュールを求める必要があります。しかし、経営改善計画の策定には専門知識とノウハウが必要なため、中小企業が自ら経営改善計画等を策定することはなかなか難しいのが実情です。そのため、認定支援期間がその手伝いをさせようというものです。国もこうした支援活動を促進すべく、1件当たり最高200万円の補助金を出しています。